ジェネリック医薬品

ジェネリックと厚生労働省

厚生労働省はジェネリック医薬品の利用を進めるために広報活動を積極的に行っています。
病院などにポスターを貼ったり、パンフレットを制作して配布したりしています。
インターネットのホームページでも、ジェネリック医薬品に関する説明が掲載されています。
ジェネリック医薬品とはどのようなものなのか、どのようなメリットがあるのかをわかりやすく説明しているのです。
これまでの薬はお医者さんが決めていました。
医薬品の商品名が書かれているために、それ以外の薬をもらうことはできなかったのです。
しかし、ジェネリック医薬品の場合は違います。
患者がジェネリック医薬品の使用を推進することができます。
もちろん、医師や薬剤師と相談することが必要です。
ジェネリック医薬品はデータベースとして管理されていますから、ある薬にジェネリックがあるかどうかはすぐにわかります。
そして、医師の処方箋には「後発医薬品への変更不可」の欄に医師が署名した時だけ、ジェネリック医薬品が使用できないのです。
書名がなければ、薬剤師と漢ジャンが相談して決めることができるのです。
ジェネリック医薬品を使用することによって、薬代を減らすことができます。
患者の直接の手出しも減りますが、健康保険組合の負担が減ることの方が大きな効果が期待されるのです。
どこの保険組合でも医療費の高騰によって資金難に陥っています。
ジェネリック医薬品の使用によって、資金難が解消されると期待されているのですね。
もちろん、すべての医薬品にジェネリックがあるわけではありません。
また、薬の成分や効能は変わりませんが、添加物が違う場合があります。
特にアレルギー体質の人は注意しなければなりません。

 ジェネリックと厚生労働省 

FXについて  犬のしつけ方法  犬のダイエット  犬の病気  骨盤ダイエット  七五三  二重まぶた  日経225  抜け毛  旅行
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi