ジェネリック医薬品

ジェネリックの情報

新薬の特許期間が切れたものを、他の製薬会社が製造販売しているものをジェネリック医薬品と呼びます。
病院のポスターなどで見たことがあるでしょう。
薬価は無条件に下げることが決まっています。
医療費における薬代を削減するためにジェネリック医薬品の利用促進が勧められているのです。
しかし、ジェネリック医薬品の利用は遅々として進んでいません。
その理由の一つに、ジェネリックが本当に新薬と同じ効能を持っているのか、副作用などの心配がないのかと言うことで疑念を持っている人がいることです。
これらの心配を払しょくするために、医薬品医療機器総合機構がジェネリック医薬品品質情報検討会を開いています。
ジェネリックの評価をするための試験方法や、過去の事例からジェネリックの品質に関する問題がないかの確認が話し合われています。
もちろん、この会議だけですぐにジェネリックの品質の結論を出すことはできませんが、第三者機関がジェネリックの品質に関して、チェックを行っていると言うことが重要なのでしょう。
厳密には新薬とジェネリックは異なります。
主成分は同じですが、添加物などが異なるからです。
添加物が人体に悪影響を与えるかどうかは、治験を行わなければ正確にはわかりません。
しかし、ジェネリックの薬価を下げている理由の一つに、人による臨床試験を実施する必要がないことがあるのです。
ジェネリックを製造販売することに対してのガイドラインが決められています。
これらを守ることによって、信頼性のあるジェネリックが作られるのです。

 ジェネリックの情報 

FXについて  犬のしつけ方法  犬のダイエット  犬の病気  骨盤ダイエット  七五三  二重まぶた  日経225  抜け毛  旅行
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi