ジェネリック医薬品

ジェネリック製薬協会

ジェネリック製薬協会とは国内のジェネリック医薬品メーカーで組織する団体です。
ジェネリック医薬品の普及を促進するために設立されたものです。
厚生労働省も同じ考えですが、医療費抑制の柱としてジェネリック医薬品の利用促進が叫ばれています。
しかし、医療機関だけに任せていてもジェネリック医薬品の利用拡大はできないと考えられます。
医薬品メーカーが率先してジェネリック利用の啓蒙活動を行うことが必要なのです。
もちろん、ジェネリック製薬協会のメンバーである企業はジェネリックが普及することで、利益を上げることができます。
しかし、同時に医療費抑制が可能となるのですから、私たちにとって悪いことではありません。
ジェネリック製薬協会の設立は意外と古く、昭和40年です。
もちろん、当時と現在の状況は大きく異なっており、協会の活動方針も変わったことでしょう。
しかし、外国ではジェネリック医薬品が広く使用されている現実がありますから、日本でもっとジェネリックが使用されなければならないと考える人は多いのです。
2002年に厚生労働省が発表した「医薬品産業ビジョン」に書かれているような、これからの医薬品産業のあり方はまさにジェネリック製薬協会の目指すものでした。
2003年には、その指針に基づき、大幅な組織変更が行われています。
ジェネリック医薬品が大きく注目されることが予見されたからです。
現在は医薬品の安全性や特許問題など、ジェネリックに関する情報を広めていく活動を行っています。

 ジェネリック製薬協会 

FXについて  犬のしつけ方法  犬のダイエット  犬の病気  骨盤ダイエット  七五三  二重まぶた  日経225  抜け毛  旅行
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi