ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品の市場

医療技術の進歩により、先進国では高齢者の割合が増加しています。
いわゆる高齢化社会となったのです。
この傾向は今後も続き、日本は超高齢化社会を迎えると考えられています。
これに伴い一人あたりの薬剤費も増加傾向にあります。
医療費の抑制が政治の重要課題となっているのです。
このような状況の中、先進国では新薬のジェネリック医薬品への置き換えが進められています。
ジェネリック医薬品とは新薬と同じ成分、同じ効能を持った後発の医薬品です。
新薬の独占販売期間が過ぎたものはジェネリック医薬品の生産が可能となるのです。
開発費を抑制することができますから、ジェネリックは必然的に安価となります。
日本政府は医療費抑制のためにジェネリック医薬品のシェアを拡大する数値目標を決めています。
2012年度までに30%以上にすると言うことです。
ジェネリック医薬品を使用する病院に対しては、入院基本料などへの配慮がなされています。
つまり、病院としてもジェネリックを利用するメリットが出てくるのです。
このような背景の下、ジェネリック医薬品を取り扱う製薬会社がたくさん出てきました。
ジェネリックだけを扱えば、研究開発を行わなくて済むのです。
大きな資金を必要とする新薬の開発が不要となるのですから、会社の規模も小さくて済みます。
ジェネリックのシェアは今後も増加していくことでしょう。
あなたもジェネリックと言う言葉を身近で聞いたことはありませんか。
病院のポスターなども張り出されていることでしょう。

 ジェネリック医薬品の市場 

FXについて  犬のしつけ方法  犬のダイエット  犬の病気  骨盤ダイエット  七五三  二重まぶた  日経225  抜け毛  旅行
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi